泥亀(でいき)けんぞう (旧)  のページ

泥亀(でいき)の末裔、子孫が住民訴訟、そして統一地方選へ

選挙結果

結果について書かないといけないかも知れません。

 最下位で落選と言う結果になりました。

 

  

 ここで書いていた政策については私の考えは変わりません。

 必要な政策について正しい方向を示せていると思っています。

 

 行政は自治体の経営をしているのです。財源を作り出し市を運営します。今の市政にそれができているとは私は考えていません。

 

 右のカテゴリ、「主張と政策(公約)」というカテゴリーにあります。

  色々と考えていただくといいと思っています。

 

 

 では。

 

 

12時まであとわずか

選挙戦、後半は「みなさんに顔をよくお見せする」ということをしてきました。

 個人演説会の後、西国分寺、そして今日の最後は国分寺駅で顔をお見せしました。

 駅では目が合えばご挨拶をした。何かつながった気がしました。

 何かわかってらっしゃる方が多かった気がします。そんな通じるものがあった。

 しかし、実際には私がそう信じているだけで、わかりません(笑)。

 選挙での得票数を見てみないとわかりません。

 

 実は、私は供託金没収レベルの候補だと自覚していました。

 が、今日は最終日ということもあり、色んな他の候補とご挨拶する場面がありました。

 なぜか他の候補者は、みな私を警戒しているのでしょうか(笑)。

 

 いや、まだ私はみなさん議員を個人的に訴えるとは決めてません(汗)。

 

 

 それともなんでしょう。私の訴えは有権者に伝わっているのでしょうか。

 私は新人ですので、そこがどうもよくわからないのです。

 

 

 国分寺市政の先達、議員歴からすれば大先輩なんかからは「あなたが立候補するとは思ってなかった」なんて、今日はわざわざ声をかけていただき、とても恐縮至極でありました。

 

 いえ、「こっちこそ、立候補するとはついこないだまで思っておりませんでしたよ。」

 

 この方は次の国分寺市市長になれねばならぬ方だと思っています。私もそう考えています。でないと市政がヤバいです。

  私はと言えば、前の前の市長、「星野信夫前市長に弁済請求せよ」と訴えました。そして勝訴しています。

 

 

私は「ダークホース」なんでしょうか?(笑)

 それとも供託金没収の泡沫候補?どっちかしかないような気がしています。

 

 きっと、特にこのようなインタネット、私のホームページを見ていただいている方が投票していただくなくては、ただの泡沫候補で終わるのでしょう。

 

 

 

 意識の高い方へ、特にここでメッセージしています。

  どうぞ、投票にいってください。

 選挙をネット雑談のネタにするだけならもったいないのです。

 

 

 「まだまだネット選挙なんか根付いてない」なんて、今日の西町の個人演説会では言われてしまいました。

 「個人演説会」、西町の市民センターでやったわけです。しかし、「これまで一度も候補者が個人演説会をやったことはない」とのこと。

 驚きました(笑)。

 なんなんでしょう。

 候補者ならお話が少しでもできたらと思いませんか?

 どうも地方議員の選挙運動は常識とは違うようです。

 

 まあとにかく、来ていただくことも難しいことがあるから、それはしょうがないんでしょうか。

 

 でも無料は、タダですよ(笑)。

 なんで個人演説会して来ていただけないの?、楽しんだらいいじゃない?。そう思ってしまいました。

 私はこういうのはシロウトなんでわかりません。

 

 思えば星野前市長はこういうのは政治の世界ではクロウトだった(笑)。

 しかし仕事は出来ない、なにしろ世の中という客も知らない、仕事の手順もなかった。

 学習塾の塾長でしかなかったんだから。

 

 それが国分寺市に6億3千万の損害を与えている。

 

 どうするんでしょう。

 

 

「ぼっち議員」でも大丈夫

MSNの記事で興味深い記事を見つけました。

「ぼっち議員」に学ぶ“多数決に負けない”戦略 「一人で行政は変えられる、意見言えなければ意味ない」

と言うもの。

 下が記事へのリンクです。

 

a.msn.com

 

  候補者として他にこの訴訟に言及している方がいないような状況ですが、それでは私は「ぼっち議員」になってしまい仕事にならないだろうか、そんな心配は無用だと答えがありました。

 

 でも、私は群れない人間とは言え、色々と虚心坦懐に教えいただこうとは思っていますから、「ぼっち議員」になるつもりはないのですが・・・(笑)。

 

 

 

私という候補について

私は訴訟を避けたりはしません。

 例えばこれは違法である、違法なことが放置されている、名誉を汚された。世間に喧伝するだけで訴訟をチラつかせるだけなら、これは「訴訟を利用した」だけです。

 裁判に訴えることを避けることはない。

 違法として強制力によるその是正をさせようとするならば、司法の判断によらねばならないからです。

 

 もしかすると、これが日常生活のお隣同士だったり、友人同士だとしたら「付き合いにくい人間」なのかもしれない。不正やおかしなことを見ても、我慢してしまう人も多いでしょうから。

  しかし、それが議員や市長だとしたらどうでしょうか。

 「市民全体の利益のために働く職責を担っている」ならどうか。

 

 おかしなことは見過ごしにしたままで、「なあなあ」とやってよいでしょうか。

  議員や市長、行政が「事なかれ主義」では市民は困るのです。

 

 「良さそうな人柄」などと、選挙で飾ることはできても、法廷は騙せません。

 事実と証拠に基づき、主張を斟酌するところですから。

   

 私は決して馴れ合いや事なかれ主義で終わらせることはしない。

  「誰もが安心して暮らせるまち」の意味をそう理解しています。

  市民の中に、私の主張についてどのくらいの要請があるのか、分かりません。

 それは有権者の選択だと思います。

 私はだからこそ立候補しています。

 

 投票所に言ってください。それはぜひともお願いいたしたい。

 

 

矛盾だらけの主張を見る

 「国分寺市に4億5千万円もの損失を与えたことに沈黙するような議員」が、「住民のことを考えている」などと主張されても私には信じられません。私には疑問です。

 

  

 あるいは、経費削減のこともそう。「議席を減らして経費節減した」?

 実績? どれも誤魔化しにしか思えません。

  どう見ても高過ぎる印刷代、宣伝カーの運用費用。これをなぜ全額自費としないのでしょう。

 宣伝カー451,500円、ビラ30,040円、選挙ポスター383,088円、合計して864,628円が最大で公費で負担されます。

 

 そもそも、「お金がないから選挙に出られないというのは公平だ」というのがこの「公費負担」の趣旨です。

 それなら、お金があり組織がある候補者はこの請求をするべきではない。

  まさか国分寺市は、「現職と組織票だけで議席を占めればいいと思ったから議席を減らした」ということはない?

 

  私はお金もなく組織もないですが印刷代はすべて自己負担です。

 宣伝カーは使いませんでした。

 有権者を欺くような言説が余りに多すぎる。 

 「庶民派」などといいますが、普通の市民の目線ができる議員はどれだけいるのでしょう。

  選挙費用を公費負担させるようなことはやめていただきたい。

 

 

  私は首尾一貫して行動しています。

 「カネのかからない選挙を」と決めたら、全てそうします。

 

 法に基づき、 私は市民のひとりとして住民訴訟を起こし、勝訴しました。

 違法なことをして責任を取らなくてよいなどという特別扱いなど許されないと思ったからです。

 

 

 

街頭演説

今日は選挙区のポスターが貼られている掲示板を回りました。たまたまお会いできば、自然にお話ができます。

  金曜日の昼間です。やはり昼間はあまり有権者の方とお会いできない感じだったので、帰って改めて西国分寺駅前に行くことにしました。ブログもこんな感じで途中で更新してきました。

 

 マイクでがなりたてるつもりはありませんので、多くの有権者の方と接することが出来る場所というと、駅になってしまいます。

 

  目に留めていただいて、ご質問でもあればと、ずっと立っておりました。

 目が合えば会釈はさせていただきました。

 ご挨拶はしたつもりです。

 

 

 何人かの方とはお話ができましたが。

 もっと気軽にお声をかけていただける雰囲気が必要だったかも知れません。

 今回が初出馬でしたので、至らない部分があったかも知れません。

 でも2時間半ずっと立っておりましたら、それなりの選挙運動になったかなとは思っております(笑)。やり残した気分はありません。

 

 

 明日は最後の個人演説会をいたします。

 

 国分寺市西町地域センター、業務スーパーの向かいです。

 午後2時からになります。

 明日は温かくなるようで楽しみです。

 小さな会場ですので、リラックスしてやりたいと思っています。

 

  よろしくお願いします。